2017年  そうじ

そうじ

部屋の中が雑然としていた。コンビニので買ったお弁当の袋やペットボトル、随分前の新聞も散乱している。優佳は、自分の部屋の汚さにぞっとしている。忙しかったからというよりも、気持ちが一週間前から止まっていたからだ。

「俺たち、少し距離を置いたほうがいいんじゃないか」

雅也からの突然の宣告だった。この言葉は、別れを意味するのか、それとも・・・

雅也の言葉を昨日のようにフリーズする。すべては停止してしまった瞬間だった。こんなささいな言葉で何もかもがストップするとは思ってもいなかった。仕事にはかろうじていけても、心ここにあらずだった。

だからといって、この雑然さが、逆に優佳のイライラを増幅させていた。テーブルの上のごみ壁に投げつけたときだった。物で埋まっていたテーブルの下から、雅也からもらったプレゼントのピアスが目に入った。

その瞬間無性に部屋を片付けたくなり、一心不乱に片付け始めた。しだいに、優佳の気持ちの

モヤモヤが少しずつ晴れていった。

まだ、別れを宣告されたわけではない。

そう思った瞬間だった。アイホンに雅也からの着信が鳴る。

「どうしてた?」

「そうじしてた」

「えっ?」

「心の大掃除してた・・・ごめん、雅也の気持ち考えてなかったよね」

「いや俺こそごめん」

「大切なもの・・・大切な人まで見失いかけていたのかも」

今日のテーマは、そうじ

このテーマを書きながらも雑然とした状態で、パソコンを打っています(笑)いや、まさしく心の大掃除をしないといけないと思いながら書いているのかも。

心と部屋は連動するといいますが、まさしくですね。何か気になることがあったり、ストレスや忙しさで、部屋の中が雑然としてしまいますよね。

そんなときこそチャンスです。

エイッと気持ちを立て直すチャンスに、掃除をしてみましょう。

くだらないプライドだったり、勝手な妄想だったり、実は心のごみを貯めていることがあります。

掃除と一緒に、心のごみも一緒に捨て去りましょう。

最後に残るのはきっとシンプルな気持ちが残るはずですよ。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

メールでのお問合せはこちら

受付時間: 24時間受け付けます